スギ薬品の『エスセレクト サプリメント』は、特長として乳酸菌が入っている点です。

スギ薬品の『エスセレクト サプリメント』は、特長として乳酸菌が入っている点です。

腸内環境を整えることで、それに鉄分とビタミンB群も配合され、たとえば、寒い時期なら冷え対策にも注目しましょう。

 

体が冷えると胎児にも母体にも良くないですし、その点、ロート製薬「プレマ」は、葉酸400μgはもちろんのこと、マカやショウガなど冷え対策の素材が入っているのが良いですね。

 

葉酸鉄カルシウム(小林製薬)は、葉酸400μg、カルシウム、鉄、ビタミンも配合されているので、それらを一緒に摂れるところが魅力です。

 

葉酸カルシウムプラス(ピジョン)は、妊活中から妊娠初期、そして鉄の吸収を助けるビタミンCも入っているので、妊娠中期までいいでしょう。

 

以上が、ある管理栄養士のコメントでした。

 

マツキヨラボから葉酸withアイアンという葉酸サプリがあります。

 

商品ページを見て思うのは、特に際立っている点はありません。

 

それにしても激安です。

 

逆に安すぎてどんな素材を使ってるの?と心配になります。

 

ここまで安いといろんな無駄をなくしたとか、大量生産だからとかというのではなく、安い材料で作っているから激安にできるのかと疑います。

 

葉酸サプリは飲むことが目的ではなく、葉酸を摂ることで、赤ちゃんに障害が出ることを防ぐためですので、やはり価格で選ぶより品質で選んだ方がいいです。

 

中国産や韓国産の安い葉酸を使ったり、添加物を利用して製造したり、激安にはそれだけの理由がありますので、本人がどうしてもというならアレですが、自分だったら安い葉酸サプリは選びたくないです。

 

 

 

Amazonで買えるmitete葉酸サプリ。

 

エーエフシーの葉酸サプリmiteteは、愛飲者の希望を踏まえて開発され、成分は、厚生労働省の推奨値をふまえて構成されています。

 

葉酸は、2種類ありますが、モノグルタミン酸型葉酸を採用しています。

 

なぜなら体内での吸収率が、もう一方のポリグルタミン酸型葉酸に比べて約2倍だから。

 

厚生労働省では妊娠前から妊娠後の3ヶ月間は、ふだんの食事とは別にモノグルタミン酸型葉を400μg摂ることを推奨しています。

 

 

 

市販品の葉酸サプリと一言で言ってもベルタ、mitete、ディアナチュラのようにネットでも実店舗でも買えるものとネット上の公式サイトだけで買えるものがあります。

 

実店舗で購入できるものは、お店に行けば実物を手に取ってみることができて、その場で買ってすぐ飲むこともできます。

 

商品価格は、大企業による大量生産でコストを下げる企業努力のおかげか、価格相当の品質なのか厳密にはわかりませんが、低価格を維持していると思います。

 

ですが、葉酸以外の栄養はほとんど入っていません。

 

また、一部の商品だけかもしれませんが、長期保存に耐えられるよう保存料などの添加物が入っている商品もあります。

 

それに対し、基本的にネット上の公式サイトで販売している商品は、もちろん買う前に手にすることはできません。

 

また、購入後、翌日以降に宅配便で配送されます。

 

だからこそなのか、無添加のうえスイス産などの高品質な葉酸を使っているようです。

 

(一部、中国や韓国の安価な葉酸も利用されています)それに葉酸と相性の良いビタミンやミネラル、その他栄養サポートをする成分など、競うように配合されています。

 

このように多種多様な高品質成分のせいか、実店舗で販売しているものよりも全般的に価格は高いようです。

 

もっとも安くても効果薄では全然うれしくないですし、安物買いの何とかになってしまうかもしれませんので、どれがいいのかしっかり考えて買いたいですね。

 

 

 

afcから販売されている葉酸サプリmiteteは、妊婦さんに人気があります。

 

miteteは、薬局では買えないのですが、ベビーザらス、大手百貨店、赤ちゃん本舗、東急ハンズなどのお店や楽天などでも単品で買えるので、定期購入に縛られず、手軽に買うことができると思います。

 

さらに薬局で買える葉酸サプリでは、なかなか見かけない悩み相談のサポートもしてくれます。

 

ディアナチュラは、アサヒグループ食品の商品なので企業名での安心感はありますよね。

 

価格については、最安ではないですがかなり安いです。

 

メーカー名を見て選ぶのは、1つの選び方だと思います。

page top