マツキヨのオリジナル商品の葉酸サプリには、購入者の口コミがいくつかありますが、安い、飲みやすいということだけです。

マツキヨのオリジナル商品の葉酸サプリには、購入者の口コミがいくつかありますが、安い、飲みやすいということだけです。

品質がどうのこうのではありません。

 

葉酸は、妊娠し胎児に器官が作られるとき障害が発症しないように飲むので、ちゃんと効果を発揮してもらわないと困るわけで、効果を出すために高品質であってほしいです。

 

そういった意味で品質に関する口コミが見たいところですが、ただ、口コミや個人の意見は、その人にとっての真実でしかない場合があります。

 

結局は、自分にとってどうなのかということが重要になりますよね。

 

なお、妊娠中は貧血気味になるので鉄分が配合されているのはうれしい点です。

 

 

 

マツキヨブランドの葉酸サプリ(葉酸withアイアン)は、商品説明や成分表を見ると、特に際立っている点はありません。

 

しかし、かなり値段が安いですね。

 

逆に安すぎてどんな素材を使ってるの?と心配になります。

 

この安さは無駄を省いた企業努力のレベルではなく、安い材料で作っているから激安にできるのかと疑います。

 

葉酸サプリは摂ること自体が目的ではないですよね?健康な赤ちゃんを出産するためのものですので、やはり価格で選ぶより品質で選んだ方がいいです。

 

葉酸は、韓国産・中国産は安いですし、添加物の利用でコストカットもできます。

 

激安にはそれだけの理由がありますので、本人がどうしてもというならアレですが、自分の身内だったら別の商品にするように説得しますね。

 

 

 

ドラッグストアで購入できる葉酸サプリは多いです。

 

mitete、ディアナチュラ、ベルタ葉酸、葉酸プラスなどよく目にするブランドだと思います。

 

葉酸が大事というのはわかるけど、いつから飲めばいいのか?ふつうは妊娠する前からと言われます。

 

産婦人科医によると神経管閉鎖障害の危険を避けるため妊娠初期には必要ですが、タイミングによっては妊娠検査薬の反応が出るときには、必要なタイミングを逃しているかもしれません。

 

そういった理由で、妊娠する前に飲むことを推奨されています。

 

 

 

薬局で買える葉酸サプリについて、ある管理栄養士のコメントをご紹介します。

 

スギ薬局オリジナルの葉酸サプリは乳酸菌配合という点が最大の特徴で、乳酸菌により腸内フローラを整えて、妊婦さんのための栄養としてバランスが良いです。

 

たとえば、寒い時期なら冷え対策にも注目しましょう。

 

冷え性は、ママにも赤ちゃんにもよくありません。

 

その点、ロート製薬「プレマ」は、葉酸400μgはもちろんのこと、ショウガやマカなど体を温めてくれる素材があるのでメリットが大きいです。

 

葉酸鉄カルシウム(小林製薬)は、葉酸400μg、カルシウム、鉄、ビタミンも配合されているので、葉酸カルシウムプラス(ピジョン)は、セオリーとおり葉酸、カルシウム、鉄分が配合され、妊活中から妊娠初期、そして鉄の吸収を助けるビタミンCも入っているので、妊娠中期から妊娠後期まで良いでしょう。

 

以上です。

 

mitete葉酸サプリは市販されAmazonでも買えます。

 

エーエフシーの葉酸サプリmiteteは、愛飲者の希望を踏まえて開発され、成分は、厚生労働省の推奨値をふまえて構成されています。

 

葉酸は、2種類ありますが、モノグルタミン酸型葉酸を採用しています。

 

なぜなら体内での吸収率が、もう1つのポリグルタミン酸型の50%に対し、80%もあるからです。

 

厚労省としては、妊娠前と妊娠初期の3か月間において通常の食事のほか400μgの合成葉酸(モノグルタミン酸型)を摂るよう勧めています。

page top