アマゾンや楽天でもアロベビー葉酸サプリは販売されていますので、それぞれのポイントが利用して購入できます。

アマゾンや楽天でもアロベビー葉酸サプリは販売されていますので、それぞれのポイントが利用して購入できます。

福袋販売はないですが、2袋を購入するとおまけで1袋付いてくるので、その点はありがたいですよね。

 

飲んでいるママの口コミもありますが、口コミは、あくまでもその人の感想に近いもの。

 

良くも悪くもそのままそっくりご自身に当てはまることは少ないです。

 

ご自身の価値観で判断するためには、まず定期購入で申し込みましょう。

 

数日間試してみて続けるのが難しいようであれば、15日以内に返金を申し込みましょう。

 

続けられそうであれば、妊活中から妊娠初期までフル(400μg/日)に飲んで、妊娠中期から出産までが6割(240μg/日)、授乳中は100μgを目安に継続しましょう。

 

つまり、いつまで飲むかと言えば卒乳までが理想です。

 

 

 

ベルタ葉酸サプリは、葉酸を酵母に含ませています。

 

そうすると葉酸の吸収率が他の合成葉酸と異なり、体内に葉酸をとどめておく時間が長くなるため葉酸を効率よく摂取できるようになりました。

 

食品に含まれるほとんどの葉酸は、ポリグルタミン酸型です。

 

胃を通過した葉酸は、小腸の粘膜にある酵素の作用でモノグルタミン酸型に分解されてから小腸で吸収されます。

 

厚労省は、400μgのモノグルタミン酸型葉酸の摂取を推奨しており、ベルタ葉酸サプリもモノグルタミン酸型葉酸です。

 

葉酸を働きをよくするため、鉄分、カルシウム、ビタミン、ミネラルを含み、無添加で、さらに美容成分が6種類含んでいる点が特徴です。

 

なお、ベルタ葉酸サプリはamazonでも購入することができます。

 

 

 

日本人向けの葉酸サプリなのになんで英語表記だけなのか不明ですが、Lara RepublicのFolic acid supplementは材料にこだわり国産厳選野菜を使っていて、そのおかげで、ポリフェノールも食物繊維も摂ることができるとのこと。

 

その厳選野菜とやらを紹介しましょう。

 

大麦若葉は九州と広島県、ケールは九州と広島県、さつまいも(アヤムラサキ)は宮崎県と鹿児島県、ほうれん草は九州、南瓜と人参は北海道、桑の葉は島根県、大葉(青シソ)は新潟県・青森県・静岡県です。

 

葉酸は最終加工国がスイスの葉酸を使用し、いろいろ他の栄養素も配合しているようです。

 

厳しい審査にパスした製品だけを出荷するらしい。

 

葉酸サプリは、少なくても妊娠初期まで継続した方がいいので、入れ物はかわいらしくシンプルなデザイン、錠剤が苦手な女性も飲みやすいサイズにしています。

 

 

 

ベルタ葉酸サプリは、よく売れています。

 

楽天やamazon、公式サイトでのみ購入できます。

 

ランキングサイトなどで、ママニックなどと上位表示され、良くも悪くも様々な口コミがあります。

 

値崩れしない商品なので、どこも最安値ですが、数か月間飲むのであれば、公式サイトから購入するのが、結局はお得になりそうです。

 

メンズ用はありません。

 

ただ、公式販売ページの「よくある質問」のページには、「男性も飲んでください」と回答されていました。

 

男性は妊娠しないので、特にサプリで補給する必要ないでしょう。

 

豊富なビタミンの中にはビタミンAも配合されているため、一部の意見としてでは飲むのは危険か?と心配する声もありますが、規定以上の飲み過ぎのお話しでしょう。

 

妊娠初期の過剰摂取は、赤ちゃんに先天異常のリスクが高まります。

 

普段から偏食せず、規定以上に摂取しなければ、一般的には、特に問題ありません。

 

飲み方は、1日4粒を目安に水またはぬるま湯などで飲みます。

 

あと定期購入の場合、簡単に解約できるのかという意見もあります。

 

おそらく割引がある定期購入が6回分受け取る必要があるのと電話での解約受付のせいかもしれませんね。

 

お試しができればいいですね。

 

 

 

pigeonの『葉酸プラス』は、平成30年、たまひよ赤ちゃんグッズ大賞で葉酸サプリ部門の1位を獲得したようです。

 

赤ちゃんが健康に育つことを願う女性に飲んでほしい葉酸サプリです。

 

妊娠直前から合成のモノグルタミン酸型葉酸400μgを摂った方がいいと言われていますが、この商品なら1日あたり1粒でオッケーです。

 

また、妊娠すると鉄とビタミンも不足がちになるので、それらの成分も配合されています。

 

粒は小さめなので、粒が苦手な方でも飲みやすいでしょう。

 

できるだけ胃で消化されずに腸まで届くよう工夫されているので、うまく小腸まで届いて、そこで吸収されるようです。

 

こういっただんだんと消化吸収されることを実現するためタイムリリース加工と呼んでいるようです。

page top