エレビットの口コミの中には、副作用を心配する声があります。

エレビットの口コミの中には、副作用を心配する声があります。

おそらく着色料として使用されている「酸化チタン」と「カルミン酸」のせいでしょう。

 

酸化チタンは発がん性の疑いがあると言われ、カルミン酸は急性アレルギー反応を起こすと言われているからです。

 

ただ、どちらの成分も厚生労働省は添加物としての使用を認めているので、それほど神経質にならなくても良いと思います。

 

そうは言っても完全無添加の葉酸サプリもありますからそれと比べてしまうと、どうかな?という気持ちになってしまいますよね。

 

エレビットの販売店と言いますか、どこで買えるかというと病院や調剤薬局、それとオンラインショップです。

 

 

 

アロベビーの葉酸サプリは、日本全国の赤ちゃん本舗など実店舗でも買うことができます。

 

福袋的な販売はされていませんが、2袋を購入するとおまけで1袋付いてくるので、その点はありがたいですよね。

 

利用者の口コミもあるので参考にはなりますが、あくまでも口コミは、その人なりの意見です。

 

味、匂い、飲みやすさなどの感覚は、すべての人が同じということはないでしょうね。

 

そのためにも定期購入で1袋を入手して、まず試したうえで判断します。

 

継続が難しければ、15日以内に返品の手続きをすればいいですよ。

 

続けられそうであれば、妊活中から妊娠初期までフル(400μg/日)に飲んで、妊娠中期から出産までが6割(240μg/日)、出産後は卒乳までは100μgほど続けたいですね。

 

つまり、いつまで飲むかと言えば卒乳までが理想です。

 

 

 

DHCは、女性が健やかに妊娠できることと健全に出産できることのため葉酸サプリメントの正しい使用を啓発しています。

 

それにより神経管閉鎖障害の事例がゼロになることを目指しています。

 

平成29年の環境省エコチル調査によると、日本ではおよそ90%の妊婦が適正に葉酸サプリメントを摂取していないことがわかりました。

 

同時に日本の過去30年間では、神経管閉鎖障害の発症数も増えていることがわかりました。

 

このような啓発活動の実績として、H29年度末ではDHCは9つの市と7つ町と包括連携協定を締結し、公民連携事業として4市5町が母子健康手帳を母親に交付する際、適正に葉酸サプリメントを使用する啓発、そしてDHC葉酸サプリメントの頒布を実施しています。

 

 

 

ディアナチュラの『ファースト葉酸』は、アサヒ研究所が開発し国内工場で製造するという厳しい管理体制の中で生産される商品です。

 

安全な原材料を使用することはもちろんのこと、保存料は使わず、無着色です。

 

また、公益財団法人日本健康・栄養食品協会の認定「健康補助食品GMP」を取得済みで、国内工場の一貫した管理体制で安全性を確保し、原料材料の受け入れ、製造、製品の出荷まで実施されています。

 

摂取する時間は、ご自身の体調に合わせて都合の良いときを飲む時間としていいでしょう。

 

しいて言えば、同じ時間帯に摂ることをおすすめします。

 

葉酸サプリを飲む際は、担任を含んだ緑茶などと一緒だと葉酸の吸収効率が悪いので、ぬるま湯や水で飲むようにしてください。

 

 

 

ベルタ葉酸サプリは、葉酸を酵母に含ませています。

 

そうすると葉酸の吸収率が他の合成葉酸と異なり、体内に葉酸をとどめておく時間が長くなるため効率よく葉酸を摂れるようになります。

 

これは1つの効果と言えます。

 

食品から摂れる葉酸は、ポリグルタミン酸型といって天然の葉酸です。

 

胃を通過した葉酸は、小腸の粘膜にある酵素の作用でモノグルタミン酸型に分解されてから小腸で吸収されます。

 

厚生労働省が推奨する400μgの葉酸はモノグルタミン酸量として示していることもあり、ベルタ葉酸サプリもモノグルタミン酸型葉酸になっています。

 

葉酸を働きをよくするため、鉄分、カルシウム、ビタミン、ミネラルも併せて無添加で配合し、加えて6種類の美容成分を含んでいる点が特徴です。

 

ベルタ葉酸サプリは楽天のポイントで買えるので便利ですね。

page top