ディアナチュラから販売されている葉酸サプリは、口コミを見ると下痢になる危険性がある、これは副作用か?という意見を見かけます。

ディアナチュラから販売されている葉酸サプリは、口コミを見ると下痢になる危険性がある、これは副作用か?という意見を見かけます。

公式サイトでは、監修された管理栄養士の杉本恵子氏のコメントもないので、真意が不明ですが、その経験者は、添加物が体と合わないのかなと推測しているようです。

 

実際、サプリメントは相性の良し悪しがあるようなので、何度か続くようであれば、割り切って別メーカーの別商品にした方が良いかもしません。

 

まあ、価格の相場から見るとかなり安い商品ですし、どの段階かでコストを節約している部分があるはずですよね。

 

原材料の品質や製造方法にかかわる部分でコストカットしていないでほしいですが、利用者に症例がある以上、メーカーから何かコメントが欲しいところです。

 

本来であれば、葉酸は妊婦になる前から摂取したいので、いずれにしても安心して飲みたいとは思います。

 

 

 

 

 

ララリパブリックの葉酸サプリは、巷でよく目にする「こだわりの国産野菜を厳選」して原材料にしているようです。

 

豊富なポリフェノールは自然由来で食物繊維を摂ることもできます。

 

その厳選野菜とやらを紹介しましょう。

 

大麦若葉は九州と広島県、ケールは九州と広島県、さつまいも(アヤムラサキ)は宮崎県と鹿児島県、ほうれん草は九州、南瓜と人参は北海道、桑の葉は島根県、大葉(青シソ)は新潟県・青森県・静岡県です。

 

葉酸はスイス産(最終加工国)で、他の栄養素も妊婦さんに必要な分を配合しています。

 

厳しい審査にパスした製品だけを出荷するらしい。

 

葉酸サプリは、少なくても妊娠初期まで継続した方がいいので、シンプルで可愛いデザインの小瓶は持ち運びやすく、錠剤が苦手な女性も飲みやすいサイズにしています。

 

 

 

赤ちゃんのスキンケアで有名なアロベビーの葉酸サプリです。

 

アロベビーの葉酸は最終加工国がスイスの高品質で、体内での吸収率が高いモノグルタミン酸型です。

 

厚労省が推奨するとおり400μgを配合しています。

 

また、妊娠期の貧血防止のため鉄分15mg、母体と赤ちゃんの丈夫な骨のためにカルシウム230mgはうれしい配合量ですね。

 

女性は妊活が始まるとミネラルやビタミンの摂取を心がけなければなりませんが、普段の食事では必要量の半分くらいしか摂取できていない実態があります。

 

世の中にはミネラルやビタミンを多種配合している葉酸サプリがたくさんあります。

 

ただ、量が少ない傾向にあるので注意しましょう。

 

アロベビー葉酸サプリは、種類も量の十分です。

 

毎日きちんと飲むことで赤ちゃんのための必要量を満たせます。

 

それと学ぶ力がある赤ちゃんに期待して、赤ちゃんのサポート成分は9種類配合しているので、その点はアロベビーの長所です。

 

購入については、定期での価格が初回80%割引にはじまり、2回目以降30%オフ、1回目の15日以内で返品可能で、定期の回数縛りがないので、うれしいポイントだと思います。

 

 

 

妊活サプリのマカナは、残念ながら楽天では買えません。

 

妊活中から飲んで効果が期待できると妊活中だけでなく、妊娠中や妊娠後も続けられる女性は多いようです。

 

評価のポイントは、マカ、亜鉛、スピルリナが摂れる点でしょう。

 

いざ買おうとしたら公式サイトで定期購入するのが最もお得です。

 

もしかしたら定期購入に躊躇される方もいるかもしれませんが、妊活サプリマカナは、定期購入とは言え回数縛りはなく1回で解約・休止が可能です。

 

解約や休止の連絡は、電話、メール、問い合わせフォームと万全ですので、次回分の10日前に申し出ればOKです。

 

特に煩わしいことはないですね。

 

 

 

ディアナチュラの『ファースト葉酸』は、系列のアサヒ研究所の開発と国内工場での製造で、厳しい管理体制の中で生産される商品です。

 

安全な原材料を使用することはもちろんのこと、保存料無添加・無着色で製造しています。

 

それに(公財)日本健康・栄養食品協会から「健康補助食品GMP」を認定されていて、一貫した管理体制の下、国内工場で原料材料の受け入れ、製造、製品の出荷まで実施されています。

 

摂取する時間は、ご本人の自由です。

 

都合の良い時間に飲んで構いません。

 

ただ敢えて言えば、決めた時間で継続した方が良いと思います。

 

飲むときは、タンニンを含む飲み物(緑茶など)は葉酸の吸収を阻害するので避けて、水やぬるま湯で飲んだ方がいいです。

page top