妊活中から葉酸を飲んでおく準備の良さ

妊活中から葉酸を飲んでおこうと、

鉄分やカルシウムと合わせてサプリメントで補う人が多いです。

 

たとえば、ピジョンの葉酸プラスやカルシウムプラスがこれにあたります。

 

ドラッグストアなどで買うことができます。

 

ピジョンのサプリは添加物が多いのでは?という口コミが目立ちます。

 

他メーカーの葉酸系サプリと比べると含有量が多いようにも見えますが、でもサプリメントとしては安全なのだと思います。

 

いつどんな感じで飲むかと言えば、基本はメーカーの言うとおりにするのがおすすめです。

 

 

 

pigeonの『葉酸プラス』は、2018年のたまひよ赤ちゃんグッズ大賞で葉酸サプリ部門の1位に選ばれたようです。

 

赤ちゃんが健康に育つことを願う女性に飲んでほしい葉酸サプリです。

 

妊娠直前から合成のモノグルタミン酸型葉酸400μgを摂った方がいいと言われていますが、この商品なら1日あたり1粒でオッケーです。

 

また、妊娠すると鉄とビタミンも不足がちになるので、鉄とビタミンB群も配合されています。

 

粒は小さめなので、粒が苦手な方でも飲みやすいでしょう。

 

その他の工夫としては、胃をスルーできて腸まで届く点ですね。

 

うまく小腸まで届いて、そこで吸収されるようです。

 

こういっただんだんと消化吸収されることを実現するためタイムリリース加工と呼んでいるようです。

 

 

 

ディアナチュラの『ファースト葉酸』は、アサヒ研究所が開発し国内工場で製造するという厳しい管理体制の中で生産される商品です。

 

原材料は安全なものを選び抜き、保存料は使わず、無着色です。

 

それに(公財)日本健康・栄養食品協会から「健康補助食品GMP」を認定されていて、国内工場の一貫した管理体制で安全性を確保し、原料材料の受け入れ、製造、製品の出荷まで実施されています。

 

摂取する時間は、ご自身の体調に合わせて都合の良いときを飲む時間としていいでしょう。

 

ただ敢えて言えば、決めた時間で継続した方が良いと思います。

 

飲むときは、タンニンを含む飲み物(緑茶など)は葉酸の吸収を阻害するので避けて、ぬるま湯や水で飲むようにしてください。

 

 

 

ララリパブリックの葉酸サプリは、材料にこだわり国産厳選野菜を使っていて、そのおかげで、ポリフェノールも食物繊維も摂ることができるとのこと。

 

使用する野菜の産地もご紹介します。

 

ケールは九州と広島県、大麦若葉は九州と広島県、ほうれん草は九州、さつまいも(アヤムラサキ)は宮崎県と鹿児島県、桑の葉は島根県、南瓜と人参は北海道、大葉(青シソ)は青森県・新潟県・静岡県です。

 

葉酸はスイス産(最終加工国)で、いろいろ他の栄養素も配合しているようです。

 

そして製品は、GMP工場で製造し、厳しい審査を施して合格したものだけを出荷します。

 

葉酸サプリは継続することも大切なので、シンプルで可愛いデザインの小瓶は持ち運びやすく、形状はカプセルではなく錠剤で、小さめサイズにしてあるので、苦手な方でも飲みやすいらしいですよ。

 

 

 

Lara Republic葉酸サプリは、回数縛りなしで定期購入がおすすめです。

 

安くなりますから。

 

ただ、定期購入にしてもプレゼントとかはありません。

 

もしかしたらこっそり入っているかもしれませんが。

 

(笑)楽天よりも公式サイトで買った方が、少しだけ安いですね。

 

口コミの個人差があるのでうのみにしない方がいいですが、大きさと匂い・味で飲み辛いという意見もありますね。

 

芸能人の愛用者が多い感じもします。

 

ただ、葉酸サプリよりはルイボスティーの方が人気かも。

 

 

 

page top