葉酸摂取が目的のサプリは、たくさんの商品が販売されているので、あれもこれも飲むわけにはいかないので、口コミなどを参考にして選ぶということがあると思います。

葉酸摂取が目的のサプリは、たくさんの商品が販売されているので、あれもこれも飲むわけにはいかないので、口コミなどを参考にして選ぶということがあると思います。

それでも良いと思いますが、最後決定の前には成分をチェックをお忘れなく。

 

肝心の葉酸量は、400μgが厚生労働省が推奨する基準です。

 

そして種類は、天然型ではなく合成されたモノグルタミン酸型にします。

 

それの吸収率は80%ということで厚生労働省も推奨しています。

 

後は、葉酸以外の栄養素ですが、貧血防止の鉄分、丈夫な骨のためのカルシウムが必要です。

 

妊娠した母体は不足気味になるからです。

 

それと赤ちゃんのためにしっかり育つように各種ビタミン、乳酸菌、DHAもあるといいですね。

 

ランキングや口コミを見て選ぶなら何のために飲むののかを忘れずに成分の種類や質にも注目しましょう。

 

 

 

afcのmitete、プレミン、ベルタ、dhcなど今話題の自然派葉酸サプリを比較します。

 

比較のポイントは成分、価格、口コミが中心です。

 

任角柱・妊娠中の女性の多くが医師などに勧められて飲むようになった葉酸サプリを比べて飲みやすさ、販売数、価格などのランキングから選択できます。

 

 

 

ベルタやmiteteの葉酸サプリについては、口コミを簡単に見つけられますが、小林製薬や和光堂の葉酸サプリではどうでしょう。

 

それぞれの商品の成分だけを見て良し悪しを比較することはできないですが、例えばランキングの上位商品は、無難な選択なんでしょうか。

 

できるだけ自分の体に合う葉酸サプリを選んで、妊婦になって慌てないようにしたいと思います。

 

 

 

人気の葉酸サプリはどれか?それを知りたいならランキングサイトを見るとわかりやすいですが、ただし、その際は留意事項があります。

 

それは、楽天・amazon・ヤフーショッピングなどの大手ショッピングモールと独立系のランキング紹介サイトでは、結果が違うことが多い点です。

 

原因としては、まずランキング対象となる商品が同一ではないことです。

 

大手ショッピングモールで取り扱う葉酸サプリは、ドラッグストアなどの実店舗でも販売しており、ある意味、そういった販売ルートの商品だけが対象となっています。

 

でも一般のネットショップや実店で取り扱いのない商品もあり、独自ランキングを紹介するサイトでは、そういった商品も対象になっています。

 

それと順位決めの基準があいまいです。

 

大手ショッピングモールでは、販売数を集計して販売数順、または売上額順になっています。

 

それに対し独自ランキングのサイトでは、利用者や購入者の感想による採点やランキングサイトの運営側が、主観で評価している場合がほとんどで、評価基準が不統一になってしまいます。

 

人気商品を選びたいと考える場合は、そういった点に注意する必要があります。

 

 

 

小林製薬から販売される『葉酸 鉄 カルシウム』は、アマゾンの売れ筋ランキング3位で、480μgもの葉酸が、3粒で摂れます。

 

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、妊娠を希望しているなら400ug、妊娠中の女性は480ug、授乳中なら340ugの葉酸を栄養補助食品で摂ることを提言しています。

 

そのためどの時期でも調節できるわけです。

 

楽天のランキングには、他の市販品が入っています。

page top