ベルタ葉酸サプリ販売ページでは、妊活として男性も葉酸を摂るよう勧めている情報があります。

ベルタ葉酸サプリ販売ページでは、妊活として男性も葉酸を摂るよう勧めている情報があります。

その根拠は、「葉酸が精子の染色体異常を減らす働きがある」とアメリカの研究者が報告したことです。

 

しかし、日本ではそういった研究報告がないですし、厚生労働省も認めていません。

 

そういったことから「元気な赤ちゃんのために男性も葉酸を摂りましょう」というのは、正しいとは言えません。

 

ただ、「日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要」(厚生労働省)によると葉酸など成人男性が摂取した方が良いとする推奨量は定められています。

 

それは、1日あたり240μgです。

 

食事からとる前提での量です。

 

ということは、普通に食事をすれば推奨量は摂ることができるので栄養補助食品はいらないですし、逆に食事でこれだけの葉酸を推奨量を満たしていないなら葉酸サプリを飲んだ方がいいですよね。

 

さらに国立研究開発法人科学技術振興機構から発信されている情報で、葉酸摂取は致死的心筋梗塞発症リスクを小さくできる可能性があり、また葉酸がホモシスティンという物質を減らすことになり、それは心筋梗塞、アルツハイマー病、鬱血性心不全、骨粗鬆症による骨折などの疾患発症リスクを低減させる可能性を示すという報告があります。

 

ということは、摂取の上限に注意しつつ、葉酸はサプリなどで摂っても良いと解釈できますね。

 

 

 

葉酸サプリの葉酸は、妊娠がわかる前の初期段階で必要な成分であって、妊娠に影響するものではありません。

 

ただし、葉酸サプリの中には妊活を成功させるため、女性と男性の体づくりに貢献できると考えられる成分を配合している商品もあります。

 

その素材はマカで、これを配合する葉酸サプリはおすすめです。

 

マカは栄養が豊富で、女性ホルモンを増やす働きもあります。

 

アミノ酸やミネラルもバランスよく含まれていてホルモンバランスの安定に一役買っています。

 

それは、エストロゲンという女性ホルモンに似ている作用をする植物性エストロゲンが含まれているので、女性の不調に良いのだそう。

 

 

 

葉酸を摂るためのサプリメントは、妊活中から飲んでいて、もう少しで出産ですがまだ飲んでいます。

 

第一子ですが、つわりが全くありませんでした。

 

ビビってましたけど、特別なことをして過ごしてきたわけではなく、やはり葉酸サプリのいい影響だったのでしょうか。

 

値段と品質は比例するのかなとと考えていましたが、私自身異常はないし、赤ちゃんも順調に育っています。

 

続けることが大切ですね。

 

飲みやすいことは続けられた理由だと思います。

 

葉酸サプリは多種多様で、どれも同じように見えてしまうので、どれを選べばいいか悩みますが、まず第一に信頼できるメーカーかという点は重要ですね。

 

 

 

妊娠の喜びを知ることは、容易なことです。

 

男性も含めて口コミで人気の葉酸サプリは、エレビットで、後発組ながら人気が上がっている葉酸サプリにアロベビー葉酸サプリがあって、妊活中に効果的な飲み方で継続することで、「ああ、今月も生理が来た」とため息をついた妊活期間も忘れるほどの喜びで満たされます。

 

とは言え、それでおしまいではありません。

 

最初から葉酸だけでなく、そういった成分が含まれる葉酸サプリを選んで継続する方が、途中で商品の見直しや切り替えをする必要がなくて済みますね。

 

 

 

葉酸サプリをいつから飲むのかしらという方は、病院の医師は、早くからとアドバイスしているはずですが、出産する頃でいいのでしょ?と、うっかり勘違いされる方が案外います。

 

そのタイミングでは遅すぎて、無脳症や二分脊椎を避ける効果が小さくなってしまいますから、妊娠する前から飲みましょう。

 

もちろん飲んでないという方は、障害のリスクが飲んでいる方より大きくなります。

 

葉酸サプリなら何でもいいから早く飲みなさい、と言いたいところですが、葉酸は、スイス製は高品質で、中国/韓国製は粗悪ではないが低品質という評判があるので、相場よりお安い商品は、私だったら家族や友人には絶対勧めないですね。

 

ですから市販のピジョンは止めさせたことがあります。

 

いつまで飲むのかは、卒乳までと覚えておきましょう。

 

注意点が1つあって、妊娠後期からは特に飲みすぎ注意です。

 

葉酸サプリだけの摂取量は1000μg以下にします。

 

毎日のように葉酸サプリだけで1000μg超を続けると3歳を過ぎてから喘息を発症する場合があるようです。

page top