妊娠の喜びを知ることは、容易なことです。

妊娠の喜びを知ることは、容易なことです。

人気の葉酸サプリで男性にも人気なのはエレビットで、後発組ながら人気が上がっている葉酸サプリにマカナという妊活サプリともいえる商品があって、葉酸サプリならではの正しい飲み方で飲み続け、精神的なプレッシャーも大きかった時期は妊娠することで、すべて報われますよね。

 

とは言え、それでおしまいではありません。

 

最初から葉酸だけでなく、必要な成分を含む葉酸サプリを飲み続ける方が、途中で商品の見直しや切り替えをする必要がなくて済みますね。

 

 

 

ベルタ葉酸サプリ販売ページでは、男性も妊活中に葉酸摂取するよう勧めています。

 

その根拠は、「葉酸が精子の染色体異常を減らす働きがある」とアメリカの研究者が報告したことです。

 

しかし、日本ではそういった研究報告がないですし、厚生労働省も特に認めていることではありません。

 

そういったことから「元気な赤ちゃんのために男性も葉酸を摂りましょう」というアプローチは、ちょっと眉唾ものですね。

 

ただし、厚生労働省は葉酸など成人男性が摂取した方が良いとする推奨量は定められています。

 

一般的な食事からとる前提で240μgです。

 

ですから、食事でこれだけの葉酸が摂れていれば栄養補助食品はいらないですし、食事で推奨量を満たしていないなら葉酸サプリメントで補充した方が良いでしょう。

 

それと、国立研究開発法人科学技術振興機構による情報には、葉酸摂取は致死的心筋梗塞発症リスクを小さくできる可能性があり、また葉酸がホモシスティンという物質を減らすことになり、それは心筋梗塞、アルツハイマー病、鬱血性心不全、骨粗鬆症による骨折などの発症リスクを下げる可能性を示すという報告があります。

 

つまり、葉酸は摂取上限量(18〜29歳900μg、30〜69歳1000μg)に注意したうえで、サプリなどで摂っても良いと解釈できますね。

 

 

 

葉酸サプリの葉酸は、胎児の器官が作られ始まる時期になくてはならない栄養で、妊娠に影響するものではありません。

 

ただし、葉酸サプリの中には妊活を成功させるため、プレパパとプレママの妊娠体づくりに役立つと考えられる成分を配合している商品もあります。

 

その素材はマカで、これを配合する葉酸サプリはおすすめです。

 

マカは栄養が豊富で、女性ホルモンを増やす働きもあります。

 

アミノ酸やミネラルもバランスよく含まれていてホルモンバランスを整えてくれるとされています。

 

女性ホルモンの一つであるエストロゲンに似た働きをする植物性エストロゲンを含んでいるので、女性が好調になる効果が期待できるようです。

 

 

 

葉酸サプリは飲んでない、あるいはいつから飲む?という人は、病院の医師は、早くからとアドバイスしているはずですが、出産時期に合わせて妊娠中期から飲むと間違った認識の人が多いです。

 

それでは肝心の神経管閉鎖障害のリスクを下げる効果が薄いので、妊娠する前から飲みましょう。

 

もちろん飲んでないという方は、障害のリスクが飲んでいる方より大きくなります。

 

ただし、葉酸サプリの名前があればどれでもいいから、ではないです。

 

葉酸は、スイス製は高品質で、中国/韓国製は粗悪ではないが低品質という評判があるので、購入価格が安いと言ってもむやみに手は出せないですよ、怖くて。

 

ですから市販のピジョンは止めさせたことがあります。

 

それといつまで飲むかと言えば、授乳が終わるまでですね。

 

注意点が1つあって、妊娠後期からは特に飲みすぎ注意です。

 

葉酸サプリだけの摂取量は1000μg以下にします。

 

1000μgを超えて継続的に摂取すると、出産数年後に喘息になった症例があったようです。

 

 

 

葉酸サプリはいつからいつまで飲めばいいの?葉酸を摂ることが望ましい期間としては、妊活中から授乳中までです。

 

最も大切なのは妊娠初期ですが、授乳中も妊娠前よりは多めの葉酸が必要です。

 

授乳期が終われば、ふだんの食事で栄養のバランスが良ければ、成人女性の通常の葉酸摂取量は可能だと思いますので、栄養補助食品は不要です。

 

もっとも各栄養の推奨値を満たす食事は、それほど簡単なことではない方もいますね。

 

産後、授乳が終わるにしても離乳食の作り置きはなかなか大変ですし、まだ夜泣きがあるでしょうし、なおさら自分の食事を丁寧に準備するのは大変になることでしょう。

 

ですので、妊娠中より少なくていいのですが、ご自身の食事との兼ね合いで少量を継続してもいいと思います。

 

特に葉酸以外の、たとえば美容成分を含んだ商品であれば、細く長く続けて産後のお肌のトラブル防止に良いと思います。

page top