妊娠を予定される女性に必要だと言われる葉酸は、妊娠がわかる前の初期段階で必要な成分であって、妊娠するかどうかに影響しない成分です。

妊娠を予定される女性に必要だと言われる葉酸は、妊娠がわかる前の初期段階で必要な成分であって、妊娠するかどうかに影響しない成分です。

ただし、葉酸サプリの中には妊活を成功させるため、プレパパとプレママの妊娠体づくりに役立つと考えられる成分を配合している商品もあります。

 

その役立つ成分とはマカです。

 

マカは栄養が豊富で、女性ホルモンを増やす働きもあります。

 

バランスよくミネラルやアミノ酸が含まれ、ホルモンバランスの安定に一役買っています。

 

それは、エストロゲンという女性ホルモンに似た働きをする植物性エストロゲンを含んでいるので、女性が好調になる効果が期待できるようです。

 

 

 

葉酸サプリは飲んでない、あるいはいつから飲む?という人は、病院の医師は、早くからとアドバイスしているはずですが、出産時期に合わせて妊娠中期から飲むと間違った認識の人が多いです。

 

それでは肝心の神経管閉鎖障害のリスクを下げる効果が薄いので、キチンと妊活中から飲みましょう。

 

もちろん飲んでないという方は、障害のリスクが飲んでいる方より大きくなります。

 

葉酸サプリなら何でもいいから早く飲みなさい、と言いたいところですが、葉酸は、スイス製は高品質で、中国/韓国製は粗悪ではないが低品質という評判があるので、購入価格が安いと言ってもむやみに手は出せないですよ、怖くて。

 

さすがに身内には、DHCは止めとけと言い切りましたよ。

 

いつまで飲むのかは、卒乳までと覚えておきましょう。

 

注意点が1つあって、妊娠後期からは特に飲みすぎ注意です。

 

葉酸サプリだけの摂取量は1000μg以下にします。

 

毎日のように葉酸サプリだけで1000μg超を続けると出産数年後に喘息になった症例があったようです。

 

 

 

葉酸サプリは、いつから飲むの?いつまで飲むのか?葉酸の働きを期待するためとしては、妊活中から授乳中までです。

 

最も大切なのは妊娠初期ですが、授乳中もそうでないときよりも多くの葉酸を必要とします。

 

授乳期が終われば、ふだんの食事で栄養のバランスが良ければ、成人女性の通常の葉酸摂取量は可能だと思いますので、栄養補助食品は不要です。

 

もっとも各栄養の推奨値を満たす食事は、それほど簡単なことではない方もいますね。

 

赤ちゃんの面倒も見なくてはいけないのに、丁寧に自分の食事を用意する、仮に用意できてもゆっくり食べるなんて、大変になることでしょう。

 

そういった意味で、妊娠中と同量の400μgまでは不要ですが、ご自身の食事との兼ね合いで少しの葉酸サプリを続けてもいいだろうなと思います。

 

特に葉酸以外の、たとえば美容成分を含んだ商品であれば、細く長く続けて産後の乾燥肌対策とか、そういった目的でいいと思いますよ。

 

 

 

妊娠したい夫婦は葉酸サプリを飲みましょう、という提案は、はなはだ疑問です。

 

葉酸そのものは妊娠することに影響しないからです。

 

もちろん、男性も妊娠の予定のない女性も葉酸の推奨摂取量が設定されていますけど、それは一般的に普段の食事で摂れると言われるレベルで、わざわざサプリメントで摂るほどの話ではありません。

 

もちろん、偏食なのでサプリメントで推奨摂取量を確保するという考え方もあるでしょうが、健康な夫婦に向けて「赤ちゃんが欲しいなら葉酸サプリを」、これは、「葉酸サプリを摂れば妊娠できる」ようにも読めてしまうので、これは違うという感じがします。

 

市販されているafcのmiteteの口コミなどでは、そんな意見も見受けられますが、「夫婦で葉酸サプリを飲まないと赤ちゃんはできない」などとド・ストレートなご表現をしておらず、「一般論として葉酸という栄養素の大切ですよ」という感じです。

 

葉酸だけで妊娠できないのは明らかで、むしろ生活習慣の改善とかを提案した方がいいと思うんですけどね。

 

 

 

ベルタの公式サイトの中に妊活として男性も葉酸を摂るよう勧めている情報があります。

 

それは、アメリカの研究チームが「葉酸を摂取することで精子の染色体異常が少ない」と発表したことを根拠にしています。

 

しかしながら日本の研究者からは、同様の研究報告がありません。

 

また、厚生労働省も特に認めていることではありません。

 

ですから「元気な赤ちゃんが欲しいなら男性も葉酸を摂った方が良い」というのは、正しいとは言えません。

 

ただ、「日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要」(厚生労働省)によると成人男性における葉酸の摂取推奨量の指標はあります。

 

一般的な食事からとる前提で240μgです。

 

ということは、普通に食事をすれば推奨量は摂ることができるのでサプリメントは不要で、食事で推奨量を満たしていないなら葉酸サプリを飲んだ方がいいですよね。

 

さらに国立研究開発法人科学技術振興機構から発信されている情報で、葉酸を摂ることは致死的心筋梗塞発症危険を軽減させる可能性があること、葉酸はホモシスティンを除去することで、それは心筋梗塞、アルツハイマー病、鬱血性心不全、骨粗鬆症による骨折などの発症リスクを下げる事が期待できるという見解があります。

 

つまり、葉酸は摂取上限量(18〜29歳900μg、30〜69歳1000μg)に注意したうえで、サプリなどで摂っても良いと解釈できますね。

page top