葉酸サプリは、いつから飲むの?いつまで飲むのか?葉酸を摂ることが望ましい期間という意味では、妊娠する前から卒乳まです。

葉酸サプリは、いつから飲むの?いつまで飲むのか?葉酸を摂ることが望ましい期間という意味では、妊娠する前から卒乳まです。

最も大切なのは妊娠初期ですが、授乳中も妊娠前よりは多めの葉酸が必要です。

 

卒乳をすれば、バランスのよい食事を摂ることで、成人女性の通常の葉酸摂取量は可能だと思いますので、栄養補助食品は不要です。

 

ただ、バランスの良い食事というのが、実現が難しい方が多いと思います。

 

産後、授乳が終わるにしても離乳食の作り置きはなかなか大変ですし、まだ夜泣きがあるでしょうし、なおさら自分の食事を丁寧に準備するのはそんな簡単ではないですよね。

 

ですので、妊娠中より少なくていいのですが、あなたの食事の質に合わせて少しの葉酸サプリを続けてもいいだろうなと思います。

 

どちらかと言えば、葉酸というより葉酸以外の栄養成分の摂取のため、ほそぼそでも継続することで産後のお肌のトラブル防止に良いと思います。

 

 

 

葉酸サプリをいつから飲むのかしらという方は、病院の医師は、早くからとアドバイスしているはずですが、出産する頃でいいのでしょ?と間違った認識の人が多いです。

 

それでは肝心の神経管閉鎖障害のリスクを下げる効果が薄いので、キチンと妊活中から飲みましょう。

 

もちろん、葉酸サプリを飲んでない人は、もっとリスクが高まりますよただし、葉酸サプリの名前があればどれでもいいから、ではないです。

 

葉酸は、スイス製は高品質で、中国/韓国製は粗悪ではないが低品質という評判があるので、購入価格が安いと言ってもむやみに手は出せないですよ、怖くて。

 

ですから市販のピジョンは止めさせたことがあります。

 

それといつまで飲むかと言えば、授乳が終わるまでですね。

 

ただし、妊娠後期からは葉酸サプリで1000μg超の摂取はしないようにしてください。

 

毎日のように葉酸サプリだけで1000μg超を続けると出産数年後に喘息になった症例があったようです。

 

 

 

妊娠したい夫婦は葉酸サプリを飲みましょう、という提案は、はなはだ疑問です。

 

葉酸そのものは妊娠することに影響しないからです。

 

もちろん、男性も妊娠の予定のない女性も葉酸の推奨摂取量が設定されていますけど、あくまでも一般的な食事で摂りましょうという話であって、わざわざサプリメントで摂るほどの話ではありません。

 

もちろん、偏食なのでサプリメントで推奨摂取量を確保するという考え方もあるでしょうが、夫婦ともに健康であれば、赤ちゃんを授かりたいならば夫婦で葉酸サプリを飲もう!というのは、見方によっては「妊娠するために葉酸が不可欠」とも読めるので、これは違うという感じがします。

 

エレビットの商品レビューをしている個人サイトの中には、そんなアプローチしている人もいて、「夫婦で葉酸サプリを飲まないと赤ちゃんはできない」などとド・ストレートなご表現をしておらず、男性にも推奨摂取量が定められていますよ、というテイストです。

 

葉酸だけでは妊娠できないですから、マカなど健康づくりに飲んで良い素材とかを紹介した方がよほど価値がある提案だと思います。

 

 

 

赤ちゃんが欲しいと思い葉酸サプリは知って飲んでいます。

 

産婦人科の先生も進めていると聞いています。

 

芸能人も飲んでるという声を聞きますし、妊娠できないのは嫌だだな、葉酸サプリは葉酸以外の栄養素も含まれているので、まだ続けます。

 

調べてみるとドラッグストアでもネットでも買えますね。

 

商品の種類も豊富ですね。

 

その中でも人気商品は、原材料の種類や品質が高くて当然無添加ですね。

 

赤ちゃんのスキンケアで有名なアロベビーからも発売されていますね。

 

完全な後発組ですが、他のメーカーの商品を学習して開発されているでしょうからオススメと言えるのではないでしょうか。

 

 

 

ベルタの公式サイトの中に男性も妊活中に葉酸摂取するよう勧めています。

 

それは、アメリカの研究チームが「葉酸を摂取することで精子の染色体異常が少ない」と発表したことを根拠にしています。

 

しかしながら日本の研究者からは、同様の研究報告がありません。

 

また、厚生労働省も認めていません。

 

ですから「元気な赤ちゃんが欲しいなら男性も葉酸を摂った方が良い」というのは、正しいとは言えません。

 

ただし、厚生労働省は葉酸など成人男性が摂取した方が良いとする推奨量は定められています。

 

それは、1日あたり240μgです。

 

食事からとる前提での量です。

 

ということは、普通に食事をすれば推奨量は摂ることができるので栄養補助食品はいらないですし、逆に食事でこれだけの葉酸を推奨量を満たしていないなら葉酸サプリメントで補充した方が良いでしょう。

 

さらに国立研究開発法人科学技術振興機構から発信されている情報で、葉酸摂取は致死的心筋梗塞発症危険を軽減させる可能性があること、また葉酸がホモシスティンという物質を減らすことになり、アルツハイマー病、心筋梗塞、骨粗鬆症による骨折、鬱血性心不全などの発症リスクを下げる事が期待できるという見解があります。

 

ということは、摂取の上限に注意しつつ、葉酸は積極的の摂って損はないということになります。

page top