妊娠で体調不調時はバナナで栄養補給する

バナナは安売りされる割には葉酸、カリウム、マグネシウム、食物繊維などが豊富です。

バナナは栄養豊富だがカロリーに注意

妊娠で体調不調時は、安売りセールされやすく葉酸、カリウム、マグネシウム、食物繊維などが摂取できるので、バナナをおすすめします。

バナナは食事代わりにおいしく食べられますが、カロリーの過剰摂取に注意して、最大でも1日2本に抑えておくのが無難です。

バナナに含まれるビタミンB6は、それは妊娠初めころの悪阻(つわり=吐き気)を抑えると言われます。

またカリウムは含まれていることで、手足のむくみを解消する効果が期待できます。

またバナナにあるあるマグネシウムは、精神の安定化やストレスの解消などの効果があると言われています。

平穏な気持ちを保ちたいときは、バナナを食して心を軽くしましょう。

さらにバナナには食物繊維が含まれていることで、赤ちゃんが育つにつれ感じるようになった便秘の解消に役立つと言われています。

妊娠した女性にとってヨーグルトは、葉酸がたくさんあり大事な栄養が豊富なので、理想的な食品ですが、もともと含まれる糖質が多めなので、食事代わりにしないように心がけましょう。

また、カロリーの高さには注意が必要で、冷えたヨーグルトなら下痢の心配もあるので、極端に食べることはしないように!

妊娠を希望する方が、神経管閉鎖障害のリスクを減らすため葉酸を摂った方が良いというのは、日本に限ったことではありません。

日本の厚生労働省が通知したのは2008年ですが、米国、英国、オーストラリア、アイルランド、キューバ、中国、ハンガリーでは、先天性の障害を発症する危険を避けることに対する葉酸を正しく摂ることの効果として、女性での臨床検査結果があるので、日本に限らず定着された考えです。

良く見るヨーグルトは、カマンベールチーズに次に乳製品の中で葉酸の量がたくさんあり、タンパク質、脂質、炭水化物、マグネシウム、ビタミン、カルシウムがとてもたくさんあります。

牛乳にこだわらず発酵乳のヨーグルトを食べた方が葉酸を摂取するという点で有用です。

妊娠初期の時期は細胞分裂が激しく行われていることからこの大事なタイミングを重視して妊活をしている女性の方は、赤ちゃんを迎える準備のつもりで葉酸摂取はいわば必須で、それによって妊娠初期にも「飲んでて良かった」と思えるのです。

葉酸の摂取については、葉酸は水溶性ですので、厚生労働省がいうモノグルタミン酸型を選び簡単に続けて飲む方法としてはサプリが面倒がなく、多くの製品が各メーカーからも用意されています。

妊娠した女性には葉酸摂取は重要ですが、野菜など調理して摂ればいいですか?野菜が嫌いな人はニオイと食感がダメなのでわかっていても食べられず、ジュースなら飲めるかと考えても期待するほどかなりの量を飲む必要があります。

青汁なら期待できますが、無農薬の原料かどうか注意してください。

赤ちゃんの消化管の機能異常の原因が発生するのは妊娠4週~12週くらいだと考えられ、こういった妊娠初期こそ葉酸などの栄養が必要です。

やっと妊活が終わったと実感することができるのは、吐き気を伴う頭痛が、あったときですが、妊娠してから葉酸を摂取始めても後悔することになってしまいます。

そうなって後悔しないように葉酸サプリメントなどできちんと葉酸を摂ることを強く推奨します。

ヨーグルトは発酵乳なので牛乳よりもカルシウムを多く吸収して乳酸菌が腸内の悪玉菌を抑え善玉菌の活動を活性化させるので、軟便の予防や解消にも良い影響があります。

妊娠初期の女性には、つわりの時期でもヨーグルトならさっぱりと口に入れやすいので、積極的に食べていいと思います。